社会勉強

2017/08/07

 

モップの社会勉強のために、あちこち連れて行きたいのですが、

暑くてなかなか行けません。

 

 

そこで、ホームセンターへの買い物に一緒に

連れて行くことにしました。

 

 

今まで車に乗せる場合は、助手席で私の膝の上に

乗せていたのですが、必ず車酔いして吐いてしまうので、

この日は後ろにスペースを作って乗せてみました。

 

 

予定とは違い、私の座る場所に落ち着いてしまいましたが、

居心地が良さそうだったのでそのままで出発!

 

 

でも、ホームセンターに着いたところで結局リバース...。coldsweats01

う~ん、車酔い、いつか克服できるかなぁ。

 

 

さて、いよいよ、ホームセンター初体験です。

というか、「お店」というものが初体験です。

 

 

初めてのペット用カートの利用に人間はテンションが上がってますが、up

モップは緊張して固まってます。down

 

 

今までずっと犬を飼ってきましたが、昔は犬なんてお店に入れなかったし、

入れるようになった頃には、先代のような大型犬を飼っていたので

カートには乗れず...。

 

このようなお店の『ペットOK』の表示を見る度に、

ちょっと残念に思っていたので、やっと念願叶ったという感じでした。happy02

 

 

さて、ウキウキの私たちと、ガチガチのモップでしたが、

入店するとモップもすぐに慣れて...

 

 

モ「いけいけー!」

テンション上がり過ぎ...coldsweats01

 

 

モ「もっとスピード出せー」

ムリだって...sweat02

 

 

ところで、T夫も私も、こんなかわいい子犬を連れて行ったら、

みんなに「かわいいっ」とか「子犬だ!」なんて言われるかと

思っていたのですが(はい、かなり馬鹿ですcoldsweats01)、

言われたのは、「大きいね~」と「あら、立派ね~」でした...。

立派ってなんだ?やっぱり大きいってこと?

 

モ「これでもアタシ、子犬なんですけど...」

 

どうやら、ぱっと見、子犬に見えないのだと思います。

それとも、世の中は子犬にいちいち反応しないのか?

 

確かに、「あら、立派ね~」と言ったおばさんが

小脇に抱えていたヨーキーは、

モップの半分くらいしかありませんでした...。

 

あ、でも一人だけ、「すっごい、かわいい」と言いながら、

モップを凝視してた人がいました。

 

今思えば、彼女は貴重な存在だったんだなと思います。

「3ヶ月の子犬なんですっ」とかって紹介すれば良かった...coldsweats01

 

 

 

さて、そんな訳で、

モップ見たさの人だかりもできることなく(あたりまえだ)

静かに買い物を終えレジへ...

 

 

モ「前のオバサン、抜かしなよ。」

 

モ「あ、それアタシのお皿。割らないでよ。」

 

 

無事会計も終え、外へ...

 

モ「車までヨロシク。」

 

なんだか、荷物に埋もれながらも満足そうです。

 

モ「このカートでこのまま帰ってもいいよ。」

 

 

帰りは、用意しておいた場所へちゃんと収まってもらって...

 

ねむねむ~。sleepy 

 

疲れたんだねぇ。これでも一応子犬だからね。

 

 

このままウトウトしながら家路に着いて、今日の大冒険は終わりました~。

 

 

帰りは、吐かなかったね。

 

 

clip 今日の紅ちゃん

 

涼しい玄関ポーチでご機嫌の紅ちゃんでしたが...happy01

 

モップに襲われ...coldsweats02

 

一気に不機嫌に...coldsweats01

 

ごめん、紅ちゃん。

-全て