飛行犬にトライ

2017/08/07

 

昨日のドッグランデビューの真の目的は...

 

 

プロのカメラマンさんに写真を撮って貰うことでした~。note

 

 

こちら、飛行犬撮影所伊豆支部の八木橋さんです。

 

この『飛行犬撮影会』、

よそのブログなどで見て知っていたのですが、

「どうせこんなハイカラなイベント、都会だけ...」と

田舎の我が家はあきらめていたのですが、

ふとウェブで調べてみると、

 

なんと伊豆支部があったsign01

 

その上、我が家からそう遠くない修善寺で

明日撮影会がsign03

 

ということで、急遽予約して昨日行ってきたというわけです。

 

 

飛行犬というのは、走っているワンコを超高速カメラで撮影し、

まるで飛んでいるように見える一瞬を捉えるものです。

なので、撮影ではワンズにはとにかく走って貰います。

 

 

では、まずお客犬から。

 

 

スタッフの方に連れて行ってもらい、私がこちらで呼びます。

 

 

必死で呼ぶ私。sweat01

背中が出ていてお見苦しいのでモザイクかけときました。coldsweats01

 

 

大型犬なので飛んでるように見えるところまではいかないですが、

分離不安も手伝って、まぁ一生懸命走ってくれました。coldsweats01

 

 

次はモップ。

 

 

やはり必死で呼ぶT夫。sweat01

 

それに対し、

 

走ってはいるけど全然本気走りじゃないモップ。sweat02

 

ひとりでも平気なモップは、

遠くで呼ぶ私たちの方へ戻っては来ますが、

まぁ呼ばれてるので仕方なく~といった感じで

必死さがありません。coldsweats01

 

でも、これでは飛行犬にはほど遠いので、

今度はフリスビーを投げてみることに。

 

本当は、フリスビーを投げるとそのフリスビーを

追って顔が上向いちゃったりするので、

飛行犬の写真としては良くないそうなのですが、

あまりにももったりしているので仕方なく。

 

 

今度はまぁまぁかなー。

 

 

 

そして、最後はふたり一緒に。

 

 

素人が撮るとこの程度の写真、

果たしてプロが撮るとどうなるのか...

 

ということで、できあがった写真はこちら!

 

...とお見せしたいところなのですが、実はまだ手元にありません。

記事ではわりとあっさり終了したように書いていますが、

実は何度もチャレンジさせて貰ったので写真の枚数が多くなり、

その場ではメディアに焼けず、後日郵送して貰うことになりました。

 

 

どんな写真ができているのか楽しみです。note

-全て