古いモノにはご用心

2017/08/07

 

今日は富士山に向かってドライブ。

 

 

向かった先は、沼津。

 

 

実は先日、

「これからは古いモノを取っておくのはやめて新しいモノを買おう!」

と強く思う出来事があり珍しく沼津に買い物に出かけたのです。

沼津も田舎ですが、伊豆よりはお店があります。

 

 

モップ「そのデキゴトってなに?」

 

 

それはね、

 

先日、初詣に行ったときのこと...

 

今日は黒い靴を履こうと思い靴箱を覗くと、

ずいぶん昔に履いていたカジュアルな黒い靴を発見。

 

それを履いて出掛けることにしました。

 

履いてみるとクッションが効いているのか、

フワフワとした感触で良い感じ。note

すっかり忘れて履いてなかったけどこれからはもっと履こう

なんて思いながら車に乗り込んだんです。

 

そして30分ほどで目的の神社に着いて

車から降りたのですが、

地面に立つと何かものすごい違和感が。

 

そこで、ふと足下を見ると...

 

 

お客犬「見ると?」

 

 

 

靴底がまるでカステラのようにボロボロに!

 

 

 

いやー、もうびっくりしましたよ。

車の中を見たら、崩れた靴底がちらばってるし。sweat02

乗ってる間全然気がつきませんでした。

 

でも、ここまで来たし、お参りして帰るだけだから、

がんばって行こう!どうせ人の靴なんて誰も

見てない見てない!と思って歩き出したのですが、

歩けば歩くほどどんどん靴底が崩れていき...。

しばらくすると踵も全部なくなり、それでも根性で

歩いていたら残りの前側の部分も崩壊し始め...。

 

結局、本殿に辿り着く前に引き返してきました。crying

 

一緒に行った2匹と1人には大変申し訳ないと思ったけど、

あの、一歩歩くごとに足の裏が地面にどんどん近くなっていく

感触と心細さ、そして、もしかしたら靴底が全部なくなって

足の上に靴が乗ってるだけになっちゃうんじゃないかという恐怖感!

 

...耐えられるものではありませんでした。sweat02

 

帰り道、私が通った後には私の靴底の残骸が点々と...。

散らかしてごめんなさい。sweat01

 

 

モップ「ウケル」

 

 

ま、こんなことがあったので、新しいモノを買わなくちゃ!と

買い物に出かけた訳で、今回靴屋にも行きました。

 

でも気に入った靴は特になく、結局、元々安いのに

更に値下げされたブーツをつい買ってしまいました。

 

 

お客犬「もう安物はやめなよ。」

 

ホントにそうだね...。

 

 

そして、今回このことを記事にするにあたり、

他にも同じような目にあった人がいるかなと

思ってググってみたら...

 

まさかとは思いましたが、いるんですね。

それも『靴底 崩壊』という恐ろしいキーワードで出てくる出てくる!

 

どうやら靴底がウレタンゴムの靴は靴箱などにしまっておくと

湿気を吸って加水分解をおこし、ボロボロになるらしいのです。

だから、もともと5年10年と履くことを想定していないそう。

 

これって結構知られていることなんですか?

私は全然知らなくて...。

 

ちなみにボロボロに崩れた靴は15年以上前のものでした。

古すぎる?coldsweats01

 

 

とりあえず、なんだ私だけじゃなかったんだと

安心したのですが、(安心していいのか?)

そこでふと、今日ブーツを買った時に

店員が言った一言を思い出しました。

 

「大事にしまっておかないで、どんどん履いてくださいね~。

保管する時も箱とかにしまわない方が良いですよ~。」

 

その時は、なんかこの店員さん、私が古い靴を

いつまでも取っておいて失敗したことをまるで

知ってるみたいだななんて思ったのですが、

今考えてみると...

 

もしかして湿気に弱いからしまわずに出しておけってこと?

 

 

つまりそれって...

 

 

靴底がウレタンゴムってこと???

 

 

...たぶん、そうなんでしょうね。

 

この辺は山奥で湿度が高いんですよね。

もしかすると来シーズンはもう履けないのかな...。weep

 

少なくとも、来シーズン履く時には

靴底をしっかりチェックしてからにしようと強く思いました。

-全て