犬の威光

2017/08/07

 

昨日のモップは、テンパってグイグイだったので、

今日は慣れた散歩道で引っ張らない感覚を

取り戻してもらうべく、朝も夕方も近所を回るだけの

散歩にしました。

 

 

でも、お客犬は近所の散歩はつまらないらしく

すぐにドナドナ状態(後ろからとぼとぼついてくる状態)

なるので、お客犬だけは私の車に乗せて

海辺のお散歩に行くことにしました。

 

 

 

 

海辺に着いてお客犬といつものコースを歩いていると、

先日モップを連れて散歩に来た時に立ち話しをした方に遭遇。

 

早速、ご挨拶しようと声を掛けたのですが、反応が薄く...。sweat02

 

連れている犬が違うので、どうやら私だとわからない様子です。

 

私も人の顔を覚えるのが苦手で、たまにしか会わない

お散歩仲間は犬で覚えていることもあるので、

わからないのも良く理解できるのですが、

この間会った時、結構長々話したのに...。

 

どんだけ印象薄いの、私?

 

 

気を取り直して、さらに歩いていると、

今度は全くの初対面の方がお客犬を笑顔で見た後、

私の方を見て会釈をして去って行きました。

 

恐らく大型犬が好きか何かでお客犬をまじまじと見た後、

私とも目が合ったので会釈したのだと思いますが、

普段自分だけだと見知らぬ人から会釈なぞされることはないので、

つくづく自分はお犬様の威光の陰に生きているのだなと

考えさせられる散歩となりました。

 

 

お客犬、これからもあなた様について行きますので、

見捨てないでね。heart01
 

-全て