ソフトつながりで

2017/08/07

 

昨日からのソフトつながりで、今日は最近買った栄養計算ソフトについて。

 

昨日紹介した「ソフトEカラー」とかけてみたんですが...

なんかおやじっぽいこと言っちゃったかな、ワタシ...。

 

 

買ったのはこちら↓

 

 

犬ごはんソフト『ペロリン』

お値段7140円也

 

 

我が家は手作りご飯ですが、栄養バランスについては

以前から気になっていて、食品成分表の本も買ってみたのですが、

自分で計算するのはちょっと大変そうで...。sweat01

 

ついついそのまま何も計算せず、手作りごはんの本を

参考にする程度で結構適当に作っていたのですが、

この度、食材を入力するだけで栄養を計算してくれるという

このソフトを導入。

 

 

早速使ってみると...これ、結構良いです。

簡単な上にちょっと楽しい。note

 

 

メイン画面はこんな感じです、

表示されているのは今週の朝ご飯1週間分です。

5匹まで表示可能です。

 

お肉の画像ばっかり並んでますが、一番上に置いた食材の画像だけが

表示されるのでこんなことになってます。

また、ソフトに入ってない食材は自分で入力することができます。

 

 

数字や計算という言葉だけで腰が引ける(&なぜか眠くなる)私にとっては、

食材の写真をドラッグしてリストに追加していくという

このビジュアル的アプローチがとても魅力的です。coldsweats01

 

 

で、肝心の栄養計算の方はというと...

 

 

体重や年齢から計算した必要栄養量(AAFCO基準採用)と

実際にあげた栄養量、またその充足率がわかるようになっています。

日、週、月単位で見ることができます。

 

 

このソフトを買ったのは先週なのですが、

先週一週間のモップの栄養バランスはこんなでした。↓

 

試しにサプリを入れるのだけをやめて、他はそれまでと同じ感じで

一週間ご飯をあげてみたのですが、適当だったわりにには

意外と栄養とれてたなと思いました。

すいません、ざっくりな感想で。coldsweats01

 

でも、ビタミンB12や、ビオチン、ヨウ素、セレンなど圧倒的に

足りてないものもやっぱり結構あります。

っていうか、ビオチン、セレンなんて聞いたことないし。sweat02

 

メニューは毎日冷蔵庫の中身によってちょっとずつ変わるので、

今週も同じ結果になるとは限りませんが、一応、

 

  レバー → ビオチン、セレンの他、鉄、銅など

  昆布 → ヨウ素

 

というような食材を追加して、足りなかった栄養素を

補うようにしたら、今週は...

 

 

まぁまぁかな?

 

でも、レバーのせいでビタミンA と葉酸が過剰になっちゃいました。sweat02

ムズカシイ...。

 

 

それから、ナトリウムが全然足りてないようで。

 

どうも、塩を直接入れるというのは抵抗があって

(犬に塩はダメ!という間違った刷り込みですかね)

食材からしかナトリウムをとってなかったので、

モップの場合、一週間に3937mgのナトリウムが必要なのに、

771mgしかとれてません。

 

なので、残りの3166mgは食塩を直接入れることで補った方が

良さそうなので、来週は毎日ひとつまみくらいの塩を

あげてみようと思います。

ナトリウム3166mg=食塩約8g(一週間分)

 

ちなみにお客犬も、全く同じ食材をちょっと多めに食べているのですが、

ナトリウム4264mgが不足していました。

これは食塩にすると11gほどなので、お客犬の場合は、

毎日ひとつまみ半くらい塩をあげればいいってとこでしょうか。

 

しかし、「ひとつまみ」と「ひとつまみ半」って...

自分が1gつまめるものだと仮定してますが、ホントにつまめるのか?coldsweats01

 

でも、うちのはかり、デジタル表示じゃないので、1グラムなんて、

量れてんのか量れてないのか良くわかんないんですよね...。

 

はかりも買わなきゃだめかな...。

-モップの爪異栄養症, 全て