失敗続き

2017/08/07

 

今日は、ホントはもっと前に書く予定だった

ネコ捕獲作戦のその後について

やっと書きたいと思います。coldsweats01

 

 

 

エサ場に来るネコは全部で3匹です。

 

1匹(G.J.)はもう捕まえたので、残りはオスとメス一匹ずつ。

 

G.J.を捕まえた次の日に捕獲器を仕掛け待っていたら、

オスがやって来ました。

 

このネコは、あまり警戒心が強くなく、

いつも私がエサを置くのを近くで待っているぐらいなので、

恐らく捕獲器にも入るだろうと思っていたら、

 

案の定...

 

 

↑ わかりづらいですが頭だけ突っ込んだところ。

 

ちなみに、警戒心がなく近くに来るとは言っても、

触れるような距離まで近づかせてくれるわけではないです。

なので、捕獲器を使いました。

 

 

で、奥まで入ったところで、

ガシャンと扉が閉まったはずなのに...

 

 

 

逃げた!coldsweats02

右下に飛んで逃げていくネコの姿が。

 

 

なんで逃げられたのか考えてみると、

この日は雨が降っていたので、

 

 

こんな風に捕獲器の上にシートを被せたのですが、

たぶんこれが扉に引っ掛かかり、

扉の閉まる速度が遅くなったのではないかと。

 

 

はぁ~、失敗しました。

もっと扉の開閉をちゃんと確認すれば良かった。

 

 

怪我はしてなかったかな...、

いずれにしてもこんな怖い思いをしたら、

もうしばらくは来ないだろうな...

と思いながら、

捕獲器をセットし直していたら...

 

 

 

も、もう戻って来た。sweat02

怪我もないみたいで良かった~。

 

 

で、私がエサ場にごはん置くのをずっと待ってる...。sweat02

 

捕獲器を仕掛けたのが私だとは思ってないのかな。coldsweats01

目の前でセットしてたんだけど...。

 

この日はエサ場にはごはんを置かない予定だったのですが、

私のことを嫌わなかったお礼と、怖い思いをさせたお詫びに

ごはんを置いておきました。coldsweats01

 

 

そんな状態だったので、

この日は捕獲器にはその後誰も入らず。

 

 

そして次の日、

 

今度はシートはやめてダンボールを被せるだけにして、

更に念のため、

もっと奥までネコが入ってから扉が閉まるようにと、

 

 

フックに刺したエサを紐で吊って

奥の方へ寄せてみました。

 

 

そして数時間後、扉の閉まる音が...

 

 

急いで行ってみると、

 

 

今まで見たことのないネコが!coldsweats02

 

 

最初に遠くから見たときには、三毛猫だったので、

やったー、一番捕まえたかった三毛が入ってる!と

喜んだのですが...。

三毛猫は皆メスなので、速く捕まえたかった。

 

でもこのネコはいつも見ていた三毛猫とは、

柄もサイズも違う上、なんと耳にカットした跡が!coldsweats02

上の写真の矢印のところ。

 

どうやら、

もう既に地域猫として避妊手術をされていたようで。

手術したネコを見分けるために、

耳の一部をカットして見た目でわかるようにするそうです。

カットは手術と一緒に麻酔の効いた状態の時に行います。

 

 

すぐにリリースしても良かったのですが、

目は白濁しているし、

捕獲器の中で暴れたせいで、

鼻の横にうっすらと血もついていて...。weep

 

迷った末に、怪我の有無と健康状態を見るために、

とりあえず一泊して貰おうと決め、

捕獲器からクレートへ移そうとしたのですが...

 

 

失敗。sweat02

 

 

もう、こうなってはちょっと捕まえられそうにないので、

結局、近くの窓からご帰還願いました。

 

 

なんだか、必要のない怖い思いをさせて、

鼻に怪我までさせちゃって...

かわいそうなことをしました。weep

 

最初に書いたオスとは違い、

こちらのネコは臆病そうだったので

きっともう来ないだろうな、と思っていたら...

 

 

 

次の日来た。coldsweats01

 

野良猫の皆さん、意外とタフかもしれません。

 

とりあえず、元気そうだったのでほっとしました。

さすがにかなり警戒しながらエサ場に来ていましたが。

 

 

こんな感じで捕獲作戦は失敗続きです。

 

今週もやる予定ですが、どうなることか...。

 

早く、みんな捕まって、捕獲器から解放されたいです。

怪我させたことが結構トラウマになったみたいで、

もう捕獲器をセットするのもガシャンと扉が閉まる音を聞くのも

しんどいです。

 

 

 

ちなみに、本当に捕まえたい三毛猫はこちら...

 

 

柵越しで見えづらいですが、

耳カットもないし眼光も鋭くcoldsweats01、やっぱり違う三毛猫です。

 

でも、さっきの三毛もこちらの三毛も

どちらもしっぽが同じようにくるっと丸まっているので、

姉妹か親子かもしれません。

 

 

今週は、捕まるかな...。

 

-全て