とうとう行くことに

2017/08/07

 

パソコンに向かっていると、

ディディが側に寄ってくるので膝に乗せますが、

なんだかお互い居心地が良くありません。

 

 

そこで、箱を使ってみたら...

 

 

すごく快適になりました~。coldsweats01

 

 

ところで、

ネットで猫の慢性の下痢で悩む飼い主さんのブログなどを

見ていて気がついたのですが、

どうも私のフードに対しての効果ありなしの判断は

性急すぎだったみたいです。

 

私は、

フードを変えて1週間たっても変化がない場合は、

効果なしと判断していたのですが、

合うフード(その猫が下痢にならないフードという意味です)

見つけた飼い主さんの体験談を読むと、

1ヶ月以上たってから下痢が収まったなんてのが

結構ありまして。sweat02

そうすると、

早いときでは数日で切り替えてしまっていた私は、

もう一度今までのフードをやり直した方が

良いのかもしれません。

 

でも、ひとつのフードに1ヶ月となると、

合うフードを見つけるまで

ものすごく長期戦になってしまいます。

 

そんな悠長なことでいいのかどうか...。sweat02

 

 

...ということで、

 

一度、内視鏡検査を受けてみることにしました。

 

 

今まで、

治療ではなくただ検査のためだけに、

車に乗せると鳴くディディを遠い病院まで連れて行って、

この小さな体の、それも炎症している腸の中に

内視鏡を入れるのかと思うと、

そして、その結果、IBD(原因不明で難治性の慢性下痢)です、

なんて言われるだけなんじゃないかと思うと、

なかなか検査を受ける決心がつかなかったのですが、

IBDから消化器系のリンパ腫になることもあるそうですし、

今後の方針を決めるためにも、

今回、とうとう検査を受けることにしました。

 

 

4月5日に日大の動物病院に検査に行きます。

 

 

果たしてディディの腸はどんな状態なのか...。

 

 

 

ちなみに、

 

まだディディには言ってません。

-ディディの慢性下痢, 全て