もう少し薬は継続

2017/08/07

 

今日は日大動物病院に行ってきました。

 

例のスコット・グライムス聞きながら。

歌詞全然覚えてなくて歌えなかったけど。coldsweats01

 

 

先生に、下痢が治ったことを報告したら、

とても喜んでくださいましたが、

やっぱり少し驚いていました。coldsweats01

 

普通は、抗がん剤のクロラムブシルは、

一週間もすれば効果が現れるものだそうで、

このように、一ヶ月以上たってから

効果が現れるのは珍しいことのようです。

 

なので、先生も

最初三週間飲ませて効かなかった後で、

更にもう三週間飲ませることにしましたが、

このまま効果がない可能性もあると思っていたそうで。

 

 

で、この後はというと、

普通は下痢が治った時点ですぐに薬を減らしていくのですが、

ディディの場合は、

薬の効果が現れるまでに時間がかかったので、

念のため、もう少しこのまま飲み続けた方がいいとのことで、

もう三週間ほど今の量を継続することになりました。

 

というわけで、今回処方された薬は、

プレドニン(2mg/kg)、パセトシン(抗生物質)、

クロラムブシル(抗がん剤)です。

 

幸い、血液検査の結果も良好で、

ステロイドは、副作用で糖尿病になることがあるらしいのですが、

今のところ血糖の値も正常で、

クロラムブシルで影響が出る白血球も正常範囲内なので、

薬の継続には問題ないようです。

 

血液検査の結果はコチラ

今回かかった費用はコチラ

 

それから、前回書き忘れたのですが、

副作用が少ないというので使いたいと思っていた

免疫抑制剤のアトピカですが、

猫にはあまり効かないらしく使っていないそうです。

↑ 消化器に限った話しだと思います。

消化器専門の先生なので。

 

まぁ、副作用が少ないといったって

何かしらの副作用はあるはずですし、

どんな薬でも腎臓や肝臓に負担がかかるのは

一緒でしょうから、今は、

下痢が治ったクロラムブシルが正解だったのかなと思います。

 

 

また、

一時首回りにあって痒がっていた湿疹は、

ほとんどきれいになくなりました。

また、拾った時からあった口臭が

最近少し減ったような気がします。

これは胃が良くなったからじゃないかと思うのですが、

もしかしたら私が慣れただけかもしれません。coldsweats01

 

 

 

ところで、

 

今日、

病院へ行く途中で見かけた熱海のお店は...

 

 

『夏』が満載でした。

 

 

もうすぐ夏休みなんですね~。

ウチは関係ないけど。coldsweats01

-ディディの慢性下痢, 全て