ディディのハウス

2017/08/07

 

ディディにダンボールハウスを作っていたら...

 

 

まだ途中なのにもう入っててかわいい。

 

 

ディディは、フカフカしたものが苦手なので、

市販のドーム型ベットなどはイマイチ合わず、

未だにダンボール暮らしです。coldsweats01

 

以前は掛け布団の上を歩くことができないほどフカフカが

苦手でしたが、最近は大丈夫になってきたので

少しは改善されているようです。

 

 

ダンボールに出入り口を付けて、中に布でも敷いておけば、

ディディ的には十分満足なハウスとなるのですが、

ブログ的には、写真の背景に映り込んだ時に

かなり貧乏くさい感じになってしまいます。

ブログをやっていなければたぶんそのまま使ってる。coldsweats01

 

 

そこで、白いガムテープと家にあったウォールステッカーで、

 

 

こんな風にしてみました-。

 

 

なんの計画もなく行き当たりばったりやったわりには、

まぁまぁの仕上がりになったかと。coldsweats01

 

 

 

どう、気に入った?

ディディには外側は関係ないか。

 

 

ところで、上の写真の蝶と一緒に貼ってある文字ですが、

あとで見本を見てみたら...

 

 

全然使い方間違ってました。sweat02

木に吊さなくてはいけなかったのね。

 

 

それになんだか見本の方が全然かわいいし..。

 

たぶん私のは葉っぱを散らしすぎたんだと思います。

散らしすぎて秋の寂しさが漂ってしまったんだと..。crying

 

昔はこういう場合、ちゃんと見本を見て、

いろいろ確認してからやったものですが、

最近、こういう細かいことに気づかずに、

適当にやってしまうことがめっきり多くなりました。

 

これってやっぱり年ですかね...。

 

子供の頃はちゃんと切り取り線で開けていたお菓子の箱も

最近は良く見もしないで適当に開けてしまうし。

 

昔はそんな、糊付けされている所を無理矢理はがす大人たちを

内心密かに軽蔑していたものですが、気がついたら

いつの間にか自分もその仲間になっていました...。crying

 

 

あれ、ダンボールハウスがかわいくなったという話しを書きたかったのに、

なんでこんな話しに?

 

 

追記:

後日ちょっと手直ししました。→コチラ

-全て