爪の記録

 

今日は、

ものすご~く久しぶりにモップの爪の記録を。

 

 

あまりに久しぶりなので一応説明をしておきますと..

 

 

 

モップは、

対称性ループス様爪異栄養症という

原因不明の自己免疫疾患を患っています。

この病気は、自分の体が自分の爪を

異物と判断して攻撃するために、

爪が脆くなり壊れていってしまう病気です。

 

治療法としては、

ステロイドなどで免疫力を低下させ症状を軽くする

というような対症療法しかなく病気自体は治らないと

いわれています。

 

モップの場合は、ステロイド系の治療はしておらず、

サプリメントのみで様子を見ている状況です。

オメガ6&3脂肪酸、ビタミンE、ナイアシン、亜鉛を与えてます。

 

 

...と前置きが長くなりましたが、

そんなわけで、自分たちの記録のため、

モップの爪の様子を時々ブログに残しています。

前回からだいぶ間が空きましたが。coldsweats01

 

 

 

それでは、現在の爪の様子です。

 

↑ 前足の真ん中2本の爪。結構きれいです。

 

↑ 同じ前足でも負荷が掛かる外側の爪は傷んでます。

 

↑ もう一方の前足真ん中の爪。やっぱりきれい。

 

↑ 前足外側の爪。先は傷んでますが根元はきれいです。

 

↑ 同じく前足外側。縦に線が入ってますが割れてはいません。

 

 

以下は後ろ足です。

後ろ足は前足よりも負荷がかかるようで、

削れてかなり短くなっており前足よりも傷んでいます。

 

 

 

...というのが現在の状況です。

 

健康な爪から見るとだいぶ悪いように見えますが、

これでも以前に比べるとかなり良くなっています。

前回はこちら → 2013年8月26日の「爪の記録

 

後ろ足はどんどん削れて爪が短くなっていますが、

そのおかげで折れたり割れたりすることがなく

痛い思いをあまりせずに済んでいます。

削れた部分が痛々しいですが舐めたり気にしたりしないので

削れたことによる痛みはさほどなさそうです。

 

前足の方は後ろ足ほどは削れないので、

折れたり割れたりしないように、

定期的に切って短く保つようにしています。

 

ちなみに、

上の前足の写真はだいぶ伸びた状態です。

今日動物病院で切って貰ったので

今はもっと短くなっています。

↑ 怖くて自分で切れない。coldsweats01

 

 

以上、久々の爪の記録でした~。

-モップの爪異栄養症, 全て