虎丸の皮膚について

2017/08/07

 

病院ネタ(?)が続いているので、

ついでに今日は虎丸の皮膚について。

 

ウチでは時々、

虎丸のことを「はげちゃびん」などと呼んでいますが、

↑ やっぱり私も呼んでた。coldsweats01

 

 

実は正確には、

禿げているわけでありません。

 

 

虎丸の背中。

 

ご覧の通り、短毛種のような短い毛が

びっしり皮膚を覆っているので、

直接皮膚が見えるようなハゲではないんです。

 

この短い毛の中にひょろひょろと長い毛が

混じっているので、それでハゲっぽく見えるというか。coldsweats01

 

 

で、この短い毛と、

ターンオーバーが早すぎるために

どんどん剥がれてくる角質が絡みつき、

シャンプーしないでいると、

ガサガサというかごわごわというか..

そんな硬い感触の皮膚になり、

そこに汚れや細菌がたまると痒みがでたりします。

 

そこで、週に一度シャンプーをしていたのですが、

皮膚の方は貼り付いていた角質が取れて

だいぶスムーズな触り心地になったのですが、

毛の状態はあまり変わらず..。

 

という文章を書いたところで、

比較のために昔の写真を探して

今の写真と並べてみたのですが...

 

来たばかりの頃の虎丸。(2ヶ月前)

 

今の虎丸。

 

あれ?

もしかして毛が少し増えてる?

できるだけ同じ光のあたり具合の写真を

選んだつもりですが、どうでしょう?

ほんの少しだけど毛がちょっとふわっとしたような。

 

そういえば最近、首輪を着ける時に

首の毛が絡まって邪魔だな~と思ってたんですよね。

今まで気にならなかったのになんでだろうって。

いや~、ほんの少しですが

毛が伸びてきてるのかもしれません!

だったらうれしいなぁ~。

 

 

でも、上に書いたように、今写真を見るまでは、

そんなことに全然気がつかなかったので、

まぁ実際、違いもごくわずかだし。

 

シャンプーで全く改善しないってことは、

何か難しい病気なのかも..と思い、

 

実は先日、皮膚を生検に出していました。

 

結果は...

 

脂腺炎の疑いが濃厚だが、

皮膚が今のような状態になってから

時間がかなりたっているので断定はできない。

 

というものでした。

 

脂腺炎とは、秋田犬やスタンダードプードルに

好発する皮膚の病気で、皮脂腺が炎症を起こし

最後には消失してしまうという病気です。

角化の異常(早いターンオーバーなど)や脱毛も見られ、

皮脂腺から皮脂が正常に分泌されないために

皮膚のバリア機能が衰え

二次感染も起こしやすくなります。

また、残念ながら難治性とも言われています。

 

今回、虎丸がこの病気との確定診断は出ませんでしたが、

調べて貰った皮膚(麻酔をして3カ所から採取)からは

皮脂腺はひとつも見つかりませんでした。

既に消失してしまっているということです。

一度消失した皮脂腺は復活することはないそうです。

 

えぇ~っ、そんなにひどいの!?

 

という感じですが、これって、

皮脂腺があちこちで炎症を起こすというつらい時期は

もう通り越しちゃってるし、

病気としては、炎症するべき皮脂腺がもうないので

これ以上進行することもないし...

 

そう悪くもない状態かな

 

と虎丸を世話している私としては感じました。

 

というのも、

現在、本犬は辛そうではないからです。

寒そうですが。coldsweats01

 

皮脂が不足するので保湿をしっかりしてあげて、

定期的なシャンプーで角質を落としてあげれば、

普通の健康な犬とさほど変わりません。

 

 

現在やっているケアは...

 

★週一のシャンプー

ケラトラックスシャンプー(角質を落とす)を使用。

痒みのある時だけ抗菌作用のあるマラセブシャンプーを使用

 

★保湿

ヒュミラックを1~2日に一度スプレーで塗布。

 

★サプリ

ビタミンA

フィッシュオイル

 

2014/12/1 追記:

現在シャンプーは二週に一回程度で問題なく過ごせています。

シャンプー剤は上記ケラトラックスシャンプーに

抗菌作用のあるマラセブシャンプーを混ぜて使っています。

保湿は全くしなくても大丈夫になりました。

 

 

という感じです。

まだこれがベストかどうかわからないので

今後変わる可能性はありますが、

今のところやっているのはこれだけです。

薬も飲んでいません。

涙目で今は目薬をちょっと挿してますが。

 

 

その他、

皮膚以外の健康上の問題といえば、

 

実は、フィラリアが陽性です。

 

結果は陽性でしたが、

血液を見ても子虫が見あたらないので、

軽度だろうと言われました。

今後、フィラリア薬を通常と同じように飲み続け

陰転を待てば大丈夫だと思われます。

 

2015/4/2 追記:

フィラリアは陰転しましたので、

現在はフィラリア陽性ではありません。

 

そうそう、健康上の問題の他に

トイレの問題もありましたが、

こちらはちょっと解決の兆しが!

 

これについてはまた後日。

 

 

 

 里親募集中 

 

虎丸 とらまる

(秋田犬・オス・推定5~6才・体重26キロ)

 

皮脂腺は失っても毛根と希望は失ってない虎丸です。

 

穏やかでフレンドリーな性格です。

犬はもちろん猫とも仲良くできます。

 

皮膚疾患がありますが、

週一回程度のシャンプーと保湿で

健康な犬と変わらない生活が保てています。

詳しい皮膚の状態についてはコチラ

 

フィラリアは陽性ですが健康状態に問題はなく、

フィラリア薬を通常の犬と同じように与えつつ、

陰転を待っている状況です。

 

虎丸をご希望の方は、

アニマル・ハート・レスキュー(AHR)

までお問い合わせを!

 

※現在、里親会へは参加していませんので、

お見合い希望の方は必ず事前にご連絡ください。

(お見合いしてみて、やっぱり辞めますってのも

全然アリですのでどうぞ気楽にご連絡を!)

-全て, 預かり犬:虎丸(卒業)