抗体価検査

2017/08/07

 

今日は、我が家のプリンセスcrownモップの話しで。

モップのこと「プリンセス」って言ってるのT夫だけだけど。coldsweats01

 

先日のことですが、

モップの抗体価検査をしました。

 

あ、ご報告し忘れていましたが、血便の方はすっかり治りました。

ご心配おかけしました。

 

検査しないでワクチン打っちゃえば早いのですが、

モップは原因不明の爪の病気もあるし、

アレルギーも少し引っ掛かっているので、

必要のないワクチンはできれば打ちたくないということで、

検査をすることにしました。

 

前回のワクチンは、約3年前に5種を打ったっきりです。

 

調べて貰ったのは、

  • ジステンバー
  • 伝染性肝炎(アデノウィルス1型)
  • アデノウィルス2型
  • パラインフルエンザ
  • パルボウィルス

です。

 

検査には血がたっぷり必要で...

 

 

虎丸が心配そうに(?)見守る中、

実際は太い注射器ではありません。

 

たっぷり、採血していただきました。coldsweats01

 

 

そして、血を検査機関に送って貰い、

しばらして戻って来た結果は...

 

ジステンバー → 1024倍(高抗体価)

伝染性肝炎(アデノウィルス1型) → 36倍(やや低?)

アデノウィルス2型 → 3倍(ほとんど低抗体価)

パラインフルエンザ → 3倍未満(低抗体価)

パルボウィルス → 256倍(ギリギリ中程度)

 

という感じ。

 

で、先生と相談して、

ワクチン打った方が良いだろうとなったのは、

アデノウィルス2型とパラインフルエンザで、

この2種+ボルデテラ・ブロンキセプチカとかいうのが入ってる

風邪系3種のワクチンがセットになっているものを

打って貰うことになりました。

 

いや...実際は打って貰ったわけじゃなくて...

 

 

鼻から注入したのですが。sweat02

 

こんな接種方法もあるのかとびっくり。

注射とどっちが辛くないのか微妙です...。sweat02

 

 

入れた後、鼻から出ちゃわないように、

上向きでホールドされたりして。

鼻、ツーンてしそう。coldsweats01

 

 

無事終了~。

ちーん。

あ、鼻かんだわけじゃないけど。

 

 

終わってほっとするモップ。

なにげに背後にフリーマガジン『Wan!!ピースcoldsweats01

前号は完売だったとか。

あ、売ってるわけじゃなくてもちろんタダですけど。

 

 

...というわけで、

モップの初の抗体価検査は終了しました。

 

私たちとしては、余計なワクチンを打たずに済んで

良かったと思いましたが、たぶんモップ的には、

たくさん血取られて、鼻にも液体なんか入れられて、

こんなことなら、5種でも8種でもただ打ってくれ

と思っていたと思います。coldsweats01

 

ちなみに費用は全部で4万円くらいかかりました。

 

 

 里親募集中 

 

虎丸 とらまる

(秋田犬・オス・推定6才・体重26キロ)

 

帰りの車中、クレートの中で、座ってる模様の虎丸です。

クレートの上が頭の形に盛り上がってる。

 

穏やかでフレンドリーな性格です。

犬はもちろん猫とも仲良くできます。

 

皮膚疾患がありますが、

1~3週に一度(季節によって変わる)のシャンプーだけで

健康な犬と変わらない生活を送っています。

皮膚疾患やケアについてはコチラコチラをご参照ください。

 

虎丸への面会をご希望の方は、

こちらのメールフォームよりご連絡ください!

 

 

ロック (募集準備中)

(スピッツ・オス・5才・体重7キロ)

 

病院ではちょっと震えちゃうロックです。

この時は一緒には行きませんでしたが。

 

経験不足からの臆病さはありますが、

慣れるのも早く、今、たくさんの経験を通して、

どんどん克服していっています。

 

他犬や猫にもフレンドリーに挨拶することができ、

攻撃性もありません。

 

ロックは現在、5月24日のピーステイルズ犬猫譲渡会での

面会を受け付けています。

面会希望の方は、こちら ↓ よりお申し込みください!

<面会のお申し込みフォーム>

 

---

虎丸はAHR、ロックはピーステイルズ所属の預かり犬です。

譲渡条件等はそれぞれのホームページをご参照ください。

-全て